リキッドだけじゃない!ジェルタイプのクレンジングもおすすめです。

ジェル派におススメ!オルビスクレンジングジェル

オルビスのクレンジングはリキッドタイプが有名ですがジェルタイプのものもあるんですよ。

 

オルビスのクレンジングジェルの使い方はリキッドタイプと同じく
濡れた手でOKなのでお風呂でも使えます。

 

テクスチャーは弾力のあるぷるぷるで、クッション性があるので肌への負担が少なくなります。
顔に載せて軽くなでるだけでジェルが溶けて液状になるので、
お化粧をしっかり落とすことができるんですね。

 

ジェルの魅力はなんといっても優しいテクスチャーですよね。
クレンジングは肌を傷めるイメージがありますが、
ジェルだと優しく包み込んで汚れを落としてくれるので
毎日気持ちよくクレンジングができますよ。

 

 

このジェルタイプはもちろんマツエクさんにもおススメできます。

 

こちらもリキッドと同じく100%オイルカットですので
マツエクをしていても安心してクレンジングができます。

 

 

 

洗浄力はリキッドタイプの方がありますが
洗い上がりのしっとりもちもち感はジェルタイプの方が強いです。

 

肌の潤いを守る成分、ヒアルロン酸ナトリウム、
マリンコラーゲン、ローヤルゼリーエキスが配合されていますので
リキッドよりもしっとりと仕上がるのです。
それでいて、ぬるっとした感じにはならないので
すっきり洗い上げることができます。

 

濃密保湿ジェルと謳われている商品ですので、
ジェルの使い心地と洗い上がりのしっとり感が人気の理由です。

 

リキッド

 

リキッドとジェルではどちらが良いのかということですが
これは好みと肌質によると思います。

 

しっかりメイクをされていて、ジェルの洗浄力では
全部落とせるか不安があるという方
はリキッドがおススメです。
肌が弱くてクレンジングでできるだけ肌に負担をかけたくない
という方にはジェルが良い
と思います。

 

 

その他にも、季節によって使分けるという方法もあります。

 

汗をかきやすい季節ならしっかり毛穴の汚れまで落とせるリキッドを使って
乾燥の気になる季節なら肌の潤いを守ってくれるジェルを使う
というようにしても良いですよね。

 

 

 

ジェルタイプはこすらずにメイクオフができるので、
マツエクには負担が少ないのですが
しっかりアイメイクの場合は少し落としずらいことがあるかもしれません。
綿棒を使って細部を落とす時にも、ジェルだとやりにくいと
感じる部分があるかもしれませんね。
綿棒での作業はリキッドの方が向いているかもしれません。

 

どちらもマツエクOKですので、
テクスチャーの好みとお化粧の仕方で選んでみてください。

 

リキッドタイプが気になる方はこちら♪
関連記事:マツエクOK!オルビスのクレンジングリキッド